近年大切な人が亡くなってしまい、見送る場合に家族葬を選択する人が増加しています。家族葬は実は1990年代頃に始まった、まだまだ歴史の浅い新しい葬儀の形であるといえます。故人を見送る葬儀を遺族や本当に仲の良かった人達のみで行う家族葬は、余計な形式にこだわらず、また他人に余計な気遣いをすることなく、大切な最後の時間をゆっくりと過ごすことができるという点が人気の理由です。近年は高齢化が進み、故人が高齢者であることが増加しています。高齢者になると社会の関わりが減り、さらに友人関係が減少していることが多い他、地域等の交友関係も狭まっているなどの社会背景から、葬儀の規模にこだわらず、少人数で実施することを故人が生前に望んでいたり、遺族が希望したりすることが多いのです。最近では家族葬を行える葬儀場も増えており、大和でも家族葬を行うことが可能です。

大和で家族葬をあげる場合におさえておきたいポイントとは

家族葬はまだまだ新しい葬儀の形であるが故、ポイントを押さえておかないと理想とする葬儀ではなかったという場合もある為、注意が必要です。家族葬で最もトラブルになりやすいのが誰に参列してもらうかという点です。家族葬は家族だけに限らず親しい友人等に参列してもらうことが多いですが、人数は多くても30人程度で行われます。そのため場合によっては参列を辞退してもらわなければならないことも発生してしまうため、家族葬で行ったり、家族葬が故人の遺志であることを伝えたりすることでトラブルを避けることができます。またどこで家族葬を行うかもポイントです。大和でも家族葬に対応してくれる葬儀会社がありますが、こうした家族葬に対して親身に相談等のってくれる業者を選ぶことも非常に重要であるといえます。

大和で安心して家族葬を行う方法とは

大和で家族葬を行いたいと考える場合は、家族葬が行える葬儀場探しや葬儀会社を探すことから始めることが多いです。最近では家族葬が人気を集めていることから多くの葬儀会社が対応してくれますが、家族葬専門の葬儀場もあり、どんな場所で、またどんなプランで葬儀を行いたいのかなど事前に見ておくと安心です。以前は生前から葬儀の話をすることはタブーとされていましたが、最近では終活といって自分自身の最期をどのように迎えるかを事前に考え、家族に伝える人も増加しています。これに伴って葬儀場も見学会を実施したり、事前に申し込みをしたりすることで割引を実施している業者も多いです。事前に考えておくことでいざというときに遺族が慌てることなく、安心して故人の希望通りの家族葬を行うことができるのです。